長浜ロイヤルホテル リノベーション ~大人のときめきと寛ぎ~

NAGAHAMA ROYAL HOTEL RENOVATION 大人のときめきと寛ぎHotel&Resort 別世界それは日常を遠くはなれ、心を解き放つ出会い。
「湖上の天守閣」〜A Man Who Has Everything〜をコンセプトに、格天井や緋色など戦国時代をイメージしたデザインをとり入れ、城の天守閣にいるような気持ちを演出する13階フロア。
琵琶湖を臨むスカイバンケットホールとレストランのフロアに生まれ変わりました。
Skyhall Belle Couleur スカイホールベルクレール(13階)
スカイホール ベルクルール(13階)
長浜の街並みと琵琶湖が一望できる最上階の空間は、人生で最も輝く瞬間を過ごしていただきたいという想いを込め、Belle Couleur(フランス語で美しい色)に、生まれ変わりました。
お二人だけの、記憶に残るシーンをプロデュースします。
格式や形式にとらわれない自由な挙式であるシビルウェディングでは、お二人の持つイメージを取り入れたオリジナリティある多彩なセレモニーをプロデュースします。
キリスト挙式、人前式などスタイルは自由に。
Laisse  Passe レスパス(13階)
レスパス(13階)
洋のスタイルでありながら、和の伝統色に彩られた空間の「Laisse Passe」は、フランス語で「自由気ままに」という意味。
「美愉」〜美しく愉しめる料理・空間〜をテーマに、従来の枠をこえた新しい料理と、ここだけの今までにない特別な時間へといざないます。
漆黒の琵琶湖のほとりに浮かび上がる長浜城。その美しいコントラストが、愉しいディナータイムを別世界へと誘います。
旅先で出会う食材と調和の取れたお酒は、ゆっくりと時をすすめ、日常とは違う贅沢な大人の時間が広がります。
SANKEN-TYA(さんけんちゃ)フロア
長浜城主でもあり、天下人の豊臣秀吉とその家臣、石田三成の出会いの逸話で知られる『三献茶のエピソード』が由来。心地良く、繊細なパーソナルホスピタリティーを今に引き継ぎ、新たなおもてなしのステージとしてSANKEN-TYAが誕生いたしました。なかでもジャパニーズスイートは、三成の言葉である大一大万大吉をエンブレムに掲げ、そのたおやかな思いをベースに、心豊かでやすらぎの空間を理想とした、SANKEN-TYAフロアのコアな存在です。
ジャパニーズスイートTENSHU、ジャパニーズスイート(23階)
和の伝統色を配し、格天井や本陣幕をモチーフに戦国時代を演出。本丸御殿の重厚感を感じさせるデザインが、非日常の贅沢な時間を演出します。
約6メートルの紫に次ぐ高位の色、緋色(あけいろ)のソファーは湖へ寄り添うように配し、DENと言う名に相応しく心なごむエリアに。殿上人のように戦国武将も見たであろう琵琶湖を行きかう野鳥や、季節ごとに彩りを変える山々をお楽しみいただけます。DEN就寝時にベッドメイキングし、1室6名様までご利用いただけるファミリーステイにもおすすめのコンセプトルームです。
(※写真はジャパニーズスイート TENSHU)
デザインコンセプトに長浜曳山まつりをおイメージしたお部屋「和モダン MATSURI」。まつりを彩る提灯の柔らかな光をモチーフにしたライティングアートで和のテイストを演出。
滋賀県最高峰の伊吹山や長浜市街を臨む、和モダン MATSURIは、ツインルーム・ダブルルーム・和洋室の3タイプ。多彩なルームは様々な滞在スタイルに合わせ、自由にお選びいただけます。
  • ご予約の確認・変更・取り消し
  • 空室カレンダーから検索する