【北海道札幌】日本ビールの原点に触れる、大人のおすすめ観光スポット「サッポロビール博物館」

サッポロビール博物館

140年間「美味い」理由

日本ビールの原点「サッポロビール」。
その歴史は140年となり、進化を続けながらも今もなお多くの人々から愛され続けている味を守っています。
「サッポロビール博物館」では、日本のビールがどのように誕生し
サッポロビールがどのようなこだわりを持ってきたかを知ることができます。

普段は触れることのないビールの歴史を肌で感じ、その秘密と歴史を知ることで
さらに美味しく、さらにビールの味わいが深くなることでしょう。

サッポロビール博物館を100%楽しむ方法

日本ビールの発祥の歴史を知れる、日本唯一の博物館。
札幌に来た際は必須と言っていいほどの素敵な観光スポットであるサッポロビール博物館の見どころを徹底紹介。

サッポロビールがビールと共に歩んできた歴史を噛みしめながら、日本ビールを知り尽くしたサッポロビールならではのビールに対する思いや情報を、館内あますところなく楽しんで下さい。

国産ビールの誕生の瞬間に出会う「プレミアムシアター」

国産ビールの誕生の瞬間に出会う「プレミアムシアター」

6Kシアター「プレミアムシアター」では、サッポロビールの歴史をワイドスクリーンに映し出される約7分間の映像で知ることができます。明治に生まれた日本初のビール”札幌製麦酒”は、私達が知るサッポロビールの原点となるものです。
欧米のビールに負けない美味いビールをつくるため、切磋琢磨しながら奮闘した当時の職人達の努力やビールに対する熱い想いを迫力のある映像から感じてください。

上映終了後には、驚きの仕掛けが隠されているので、実際にプレミアムシアターを訪れた際に、是非ご自身で体験してみてはいかがでしょうか。

日本ビールの歴史を知る貴重な展示品「巨大煮沸釜」

日本ビールの歴史を知る貴重な展示品「巨大煮沸釜」
サッポロビール博物館 煮沸釜

美味いビール、最大の担い手

博物館を進んでいくと、吹き抜けにある大きな煮沸釜が見えます。

全高約10メートル、直径約6メートル、内容量は85キロリットルという巨大なサイズの煮沸釜です。
この煮沸釜は創業当時の昭和40年から平成15年まで実際にビール造りの際に使われていたものです。

サッポロビールを支え続け、共に美味いビールを産みだしていた重要な担い手は、今の博物館にどっしりと構えています。実際のその巨大さを肌で感じ、その歴史を知るとより博物館が楽しくなるでしょう。

ビールと共に歩んできた歴史「サッポロギャラリー」

ビールと共に歩んできた歴史「サッポロギャラリー」
  • サッポロビール博物館 工場のジオラマ模型
  • サッポロビール博物館 「官営から民間企業へ」
  • サッポロビールラベルギャラリー
  • サッポロビールアドコレクション
  • サッポロビールアドコレクション

「重ねての所望を賜る。」

ビール製造業の発展の道筋を説明したフロアです。
戦前から戦後にかけての日本のビール製造業の発展を、ブース毎にわかりやすくパネルで説明しています。
ビールを酒造としてではなく、商業としての面から見てみると、日本の社会情勢や経済の動きに大きく影響を受けて紆余曲折しているという背景が浮かび上がってきます。
中でもオススメは、明治天皇が視察にお越しになり札幌製麦酒を試飲なさった際に、そのあまりの美味しさに「重ねての所望を賜る(もう一杯ください)」とおっしゃったというエピソードが紹介されたブースです。
フロアをゆっくり歩きながら”ビールと日本の歩み”を楽しく学ぶことができます。

  • 1)工場のジオラマ模型。レンガ造りが細かく再現されている。
  • 2)「官営から民間企業へ」。ビール製造業界にとって大きな革命となった事案。
  • 3)サッポロビールラベルギャラリー。歴代ビールラベルを展示。優れたデザイン性に注目。
  • 4-5)サッポロビールアドコレクション。歴代ポスター広告集。古いものもとても味があり一見の価値あり。

ここでしか飲めない一杯「テイスティングラウンジ」

ここでしか飲めない一杯「テイスティングラウンジ」
サッポロビール博物館 テイスティングラウンジ

工場直送、サッポロ生ビール

サッポロビールの歴史を知り、ビールが誕生するまでの葛藤や進歩の過程を感じた後は、お待ちかねテイスティング(試飲)です。
このテイスティングラウンジでは、昭和52年の発売以来のロングセラー「サッポロ生ビール黒ラベル」を始め、北海道限定「サッポロクラシック」や創業時の味を再現した「開拓使麦酒」を飲むことができます。
見学で得た知識や感じたことを思い出しながら飲むビールは、どこか感慨深く感じるかもしれませんね。

もちろん、ジュースやお茶もあるのでお車でお越しの方やアルコールが苦手な方も十分楽しめ、特に北海道限定の炭酸飲料「リボンナポリン」は100年以上愛されるオススメ商品です。

お土産販売「ミュージアムショップ」

お土産販売「ミュージアムショップ」
サッポロビール博物館 ミュージアムショップ

ここでしか買えないモノ、多数

サッポロビール博物館内にあるお土産ショップ。
サッポロビールの歴史やビール、ジンギスカンを堪能した後はこちらのショップでお土産を購入できます。

このショップでしか買えない限定グッズや北海道ならではのお土産が数多く販売されています。
旅の思い出として自分用に、誰かに感動を伝えるための贈り物用に、お土産選びも楽しみの一つです。

お帰りの際には是非、お立ち寄りください。

日本ビールの原点
「サッポロビール」

日本のビール史が分かる
国内唯一の博物館
その歴史を知ることで
さらに美味しくビールを味わえることでしょう。
ここでしか飲めないビールを
十分にご堪能ください

サッポロビール園開拓使館1Fホール内展示 外観の展示煮沸釜 行幸啓記念碑

高層階のお部屋から眺めることができる壮大な夜景と「サッポビール」を。

ロイトン札幌 夜景の見える客室

北海道・札幌の中心部にある高層シティホテル。
くつろぎの空間で心からリラックスできるお部屋をご用意しております。
サッポロビール博物館から車で約15分ほど。
目の前に広がる北海道札幌のあまりにも美しい夜景を見ながら
サッポロビールをいただくのは、きっと旅の素敵な思い出になることでしょう。

ゆったり過ごせる豊富な客室

どのお部屋もゆったりと空間をとっており、満足頂けるものばかりです。
快眠を誘うシモンズ社製の寝具を使っているお部屋もあり、ワンランク上の上質ステイをご提供しております。

ロイトン札幌 客室一覧

ホテル内レストラン・バー

くつろぎのカフェ、中国料理や日本料理のレストランから
ジャズの流れるシックなバーで、癒やしのひと時をお過ごしください。
ロイトン札幌でゆったりと旅の思い出を語り合ってみてはいかがでしょうか。

ロイトン札幌 ホテル内レストラン・バー

ロイトン札幌

〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西11丁目

TEL : 011-271-2711
FAX : 011-207-3344

ロイトン札幌
【ロイトン札幌】ホテルのご案内

ご利用ガイド「サッポロビール博物館」

所在地 〒065-8633 北海道札幌市東区北7条東9丁目1-1
お問合わせ 011-748-1876 (受付時間 10:00 〜 18:30)
開館時間 11:30〜20:00
休館日 大晦日・臨時休館日
※毎週月曜日(手術時の場合は翌日)は、見学のみ可
公式サイト http://www.sapporobeer.jp/brewery/s_museum/

サッポロビール博物館の見学について

サッポロビール博物館は 自由見学(無料)コースと プレミアムツアー(有料)の見学コースがあります。
「プレミアムツアー」にて館内を見学されるお客様は事前に予約が必要となりますので、お手数ではありますが、以下のリンクより見学申し込みを行ってください。

サッポロビール博物館 利用案内 http://www.sapporobeer.jp/brewery/s_museum/kengaku/index.html

周辺マップ

ロイトン札幌 周辺地図
ホテルのご案内はこちら
写真はイメージです。
施設情報等は変更になる場合がございます。ご利用の際は事前にご確認の上お出かけください。
20歳未満の方、お車等を運転される方への酒類のご提供はできません。
  • ご予約の確認・変更・取り消し
  • 空室カレンダーから検索する