【鳥取県】絶景!十万年の原風景、鳥取砂丘へ

絶景!十万年の原風景、鳥取砂丘へ

 鳥取を代表する景勝地といえば鳥取砂丘。その成り立ちは、今から十万年前に遡るといわれている。中国山地を源流に持つ千代川が日本海まで砂を運び、気の遠くなるような時間をかけ、波と風が砂を積み上げ砂丘を形作った。それはまさに自然が創造した奇跡の姿である。
 しかし砂丘の魅力は不変の姿ではない。風が吹けば風紋が生まれ丘が動く。雨が降れば川が流れ池も出現する。太陽の位置により見え方が変わる砂の影。季節や気象状況により刻一刻と変える姿こそ砂丘の魅力である。また場所によっては草が生え、動物たちの足跡を見つける事ができる。そう、砂丘は砂漠のような〝不毛〟の世界ではなく、意外な程、豊かな〝生きる〟世界なのである。
 また俳誌「ホトトギス」を主宰した高浜虚子や白樺派の有島武郎、情熱の歌人・与謝野晶子などが訪れ歌を残している。有島武郎は、大正12年4月に砂丘を訪れた後、信州軽井沢の別荘で情死した。残された「浜坂の遠き砂丘の中にして さびしき我を見いでけるかも」という歌により、鳥取砂丘が一躍有名になったといわれている。
 自然の大いなる息吹と文人たちの繊細な息づかいを〝鳥取砂丘〟で感じてみたい。

砂丘百景 ― 自然の奇跡に触れてみよう

GO TO TOTTORI
鳥取砂丘ジオパークセンター

鳥取砂丘ジオパークセンター

鳥取砂丘の自然や生い立ち、動植物などを高精彩ハイビジョン映像で紹介する「ハイビジョン・クリスタルジオラマ」のほか、風紋の成り立ちを再現する装置など、砂丘散策の前に是非とも立ち寄りたい。
0857-22-0021
0857-23-7652

鳥取砂丘パークインフォメーション

鳥取砂丘パークインフォメーション

鳥取砂丘の、入り口階段に一番近い駐車場内にある施設。普段知ることのない砂丘の様々な情報を展示しているほか、コインロッカーや砂丘を歩いた後に足を洗える「足洗い場」も!
0857-23-7652

  • オアシス

    オアシス

    砂丘には海岸から内陸に向け、三列の並行する横列砂丘があり、その風下側には急な斜面が発達する。雨が降るとその砂丘の列に挟まれた低地に地下水として湧き出し、「オアシス」と呼ばれる期間限定の池が生まれる。

  • 風紋

    風紋

    風紋とは大きさの異なった砂粒が、一定方向から吹く風により描かれる風の跡。風速5m前後の時に美しく形成される。朝夕の太陽の高度が低い時には陰が強調され、幻想的な風景がさらに強調される。

  • 砂簾

    砂簾

    積み上げられた砂が安定角度の限界を超え崩れ落ちてできる現象。雨の降った翌日などに見ることができ、まるで簾(すだれ)のように見えるので、砂簾(されん)と呼ばれている。砂丘はまるで生き物のように日々姿を変えている。

  • 砂柱

    砂柱

    砂丘からニョキニョキと延びる怪しい触覚?実はこれ、強風や雨に打たれた砂丘の表面が強い侵食を受けた跡。小石など下の砂は侵食から守られ、周囲の砂だけが運び去られ奇妙な柱状の小地形ができ上がる。

砂丘遊景

砂丘を眺めて童心に返る時

 靴を脱ぎ裸足になって、砂丘を散策していると、子どもの頃を思い出す人も多いのでは。追いかけっこして遊んだ公園の砂場。目の前に広がる砂丘はまるで童心に返るタイムマシーン。そして砂丘にお似合いの動物といえば、やっぱり〝らくだ〟。初めて砂丘にお目見えしたのは今から55年も前のことだという。身体を左右に揺らしながらゆっくりと歩くらくだにまたがって、アラビアン・ナイトの世界も楽しみたい。
 穏やかな風が吹く天気のいい日は、パラグライダーにも挑戦してみよう。山の斜面を利用するのと違い、乱気流もなく安定した海風が多いので初心者でも安全に空中散歩を楽しめる。その上、地面はフワフワの砂地なので着地も安心。条件さえよければ、どこまでも続く日本海へ向かって高度差90m程のフライトも可能。この爽快感は体験しなければ味わえない。
 最も手軽なのが砂丘の観光リフト。駐車場からの移動手段としても最適だが、リフトの上から眺める景色もなかなかのもの。青空と遠くに見える水平線。ダイナミックに広がる海と砂丘のコントラスト。その鮮やかな美しさは、開放感に溢れ、砂丘を充分に楽しめるアクティビティだ。

パラグライダー

パラグライダー

砂丘の斜面を利用してふんわり空中散歩。柔らかい砂地で障害物もなく、海風も安定している。まったくの初心者でも安心して飛ぶことができる人気のアクティビティ。
0857-29-9098(ゼロパラグライダースクール)
http://www.zero-para.co.jp

観光リフト

観光リフト

レストランや展望台を併設した砂丘センターから砂丘までは、らくらく観光リフトがおすすめ。観光道路の上を越えると目の前に広がる砂丘と日本海。片道5分足らずだが、絶景を満喫できる。
0857-22-2111 (砂丘センター)

らくだライド体験

らくだライド体験

砂丘に来たならぜひ体験したいのが「らくだライド」。そこで口ずさんでしまう童謡が「月の砂漠」。これこそ鳥取砂丘の醍醐味。らくだにまたがっての記念撮影は鳥取砂丘ならではの貴重な体験だ。
0857-23-1735(らくだや)
http://rakudaya.info

らくだライド体験

※ライド体験は乗り場付近を周るのみで、馬の背(特別保護区内)への立ち入りはできません。また大人の2名騎乗はできません。

砂丘技景

永遠ではない儚さ、一期一会の美しさ

 何十万年という年月を経て創り出された自然のアート「烏取砂丘」。そこに手を加え、新たな造形美を創造し、今までにない感動と感激を与えたい。そんな思いにより2006年に開館したのが、「砂像」を展示する「砂の美術館」だ。
 砂像とは水で固めただけの砂の塊から造る彫刻芸術。素材が砂であるため、制作中から常に崩れる危険が付きまとう。またその姿を永遠に維持することができない儚さが美しさを際立たせている。毎年世界各国から砂像彫刻家を招き、テーマに応じた砂像が展示されている。第1期のイタリア・ルネサンス編にはじまり、第8期のドイツ編を経て、今期は南米編。まさしく〝砂で世界旅行〟が楽しめる。出来上がった作品の精巧さや迫力は、砂で造ったものとは思えない程の完成度。
 誰でも気軽に楽しめ夢中になれる「砂遊び」を思い出しながら、限られた期間のみ存在する砂像の物語を、じっくりと鑑賞したい。

鳥取砂丘 砂の美術館
鳥取砂丘 砂の美術館

「砂で世界旅行」を基本コンセプトとし、毎年テーマを変えて砂像を展示。国内外で活躍している茶圓勝彦氏が総合プロデュースを務め、世界中から砂像彫刻家を招き、世界最高レベルの砂像を展示する。
鳥取市福部町湯山2083-17
0857-20-2231

第8期「砂で世界旅行・ドイツ編」 第9期「砂で世界旅行~南米編~」
鳥取砂丘モアイ

ちょっと足を延ばして、絶景ドライブGO TO COAST

因幡の白うさぎの舞台で永遠の愛を誓う?
白兎(はくと)海岸
白兎神社

上・神話「因幡の白うさぎ」の舞台で有名な白兎(はくと)海岸。
左・国道を隔てた白兎神社は古事記・日本書記にも記される由緒ある神社。大国主と八上姫の縁結びの神様白兎神が祀られている。日本初のラブストーリーの発祥地として、「恋人の聖地」に認定されている。
鳥取市白兎宮腰603 

文豪島崎藤村も絶賛した美しい海岸線<浦富海岸>
浦富海岸
浦富海岸

山陰海岸ジオパークの浦富海岸エリアに含まれ、日本海の荒波によって形づくられた壮大な海食地形が見どころ。洞門や洞窟、白砂の浜など様々な地形を遊覧船から眺めるのもおすすめ。
0857-73-1212
(山陰松島遊覧株式会社)

なしっこ館のシンボル、枝の広がり20mの二十世紀梨の巨木を展示。

鳥取の美味に出会う旅

 鳥取といえば、砂丘に次いで有名なのが20世紀梨。倉吉パークスクエアにある鳥取二十世紀梨記念館は、その梨をテーマとした日本で唯一の博物館だ。梨に関する歴史や産業の情報を中心に、大人から子どもまで楽しめる発見と体験に満ちた展示や企画を行っている。常設展示コーナーの「二十世紀梨ものがたり劇場」や、新鮮な梨3種をいつでも食べ比べができる「梨のキッチンギャラリー」などは特におすすめ。
 また鳥取の美味しいものをゲットしたいなら鳥取市賀露町にある「地場産プラザわったいな」と「鳥取港海鮮市場かろいち」にはぜひ立ち寄りたい。駐車場を共有する大きな施設で、「わったいな」は新鮮な農産物、「かろいち」は新鮮な海の幸が中心に格安で販売され、観光客のみならず、多くの市民で賑わう。もちろん梨をはじめ、らっきょうや生姜の加工品など、鳥取らしいお土産まで手に入れることができる。

鳥取二十世紀梨記念館
鳥取二十世紀梨記念館

「なしっこ館」という愛称で親しまれている日本で唯一の梨の博物館。鳥取における梨の貴重な資料などが展示され、見所たっぷり。
倉吉市駄経寺町198-4倉吉パークスクエア内
0858-23-1174

梨狩りへ行こう! さんこうえん
さんこうえん

鳥取砂丘の近くで百年以上も前から営まれている梨園。春には真っ白な梨の花が咲き誇り、収穫時期には梨狩り体験が楽しめる。
鳥取市福部町湯山1973
0857-20-1174

わったいなかろいち

左・わったいな(0857-50-1771) 右・かろいち(0857-38-8866)
/グルメの舌をもうならせる食事処も完備。
鳥取市賀露町西3丁目

  • 二十世紀梨
  • 梨ドリンク
  • 梨を使ったカレー
  • 梨ソフト
  • 梨のジャム
  • 砂丘らっきょう
  • モサエビ
  • 雲丹のり
  • 生姜
  • 白いか
  • とうふちくわ

大山をぐるっと一周。新緑の季節、絶景の旅!

大山桝水高原天空リフト

大山桝水高原

大山の麓、桝水高原の観光といえば「天空リフト」。片道およそ8分の先に広がる標高約900mの山頂展望台。天候が良ければ日本海と青空のグラデーションの向こうに隠岐島が見えることも。
西伯郡伯耆町大内1069-50
0859-52-2420
http://www.masumizu.net

 大山は見る角度によって、様々なな絶景を楽しむことができる。南壁や北壁の険しい表情。なだらかな傾斜が美しい西側の遠望。その姿は別名“伯耆富士”と呼ばれる。頂上の残雪とまばゆいばかりの新緑が美しい季節。大山ロイヤルホテルに来たなら、ぜひとも大山周遊道路のドライブにでかけよう!
 荒々しく勇壮な“大山北壁”を望むにはまず大山寺周辺へ。日本最長といわれる石畳参道を散策し、大神山神社にお詣りした後は一路、桝水高原へ。ここから眺める絶景“伯耆富士”は必見。途中大山まきばみるくの里へも是非立ち寄りたい。しぼりたての新鮮なミルクで作ったソフトクリームは牛乳そのもの!一日の数百個も売れる人気商品。
 桝水高原からさらに東へ進むと西日本屈指といわれるブナの原生林が現れる。自然のトンネルの中を抜けて、絶景ポイントとして有名な鍵掛峠へ。駐車場で車を停め、美しい大山の姿をじっくりと眺めよう。

とっとり花回廊とっとり花回廊

とっとり花回廊

雄大な大山の姿を借景とした日本最大級のフラワーパークで、花を眺めるだけでなく、美しい自然環境や季節の移り変わりを楽しむことができる。屋根付き展望回廊があり、雨の日でも濡れることなく楽しめる。
西伯郡南部町鶴田110
0859-48-3030

植田正治写真美術館

植田正治写真美術館

世界で最も注目された日本人写真家の一人、植田正治の個人美術館。本人から寄贈された約12,000点の作品を収蔵、常設展示。建物の隙間から大山と水面に写る「逆さ大山」を望むことができるように設計されている。
西伯郡伯耆町須村353-3
0859-39-8000

鍵掛峠展望台

鍵掛峠展望台

南壁を眺める一番の絶景ポイントは標高約910mの展望台。大規模な崩落沢の南壁と、その手前に広がるブナ林の絨毯の美しさは息をのむほど。春の新緑だけでなく秋の紅葉の季節にも是非訪れたい。
日野郡江府町大河原鍵1531-29
0859-75-2211(江府町役場)

大山まきばみるくの里大山まきばみるくの里

大山まきばみるくの里

のどかな風景が続く大山放牧場内にある高原のレジャー施設。近くには数多くの牛が放牧され、間近に触れ合うことができる。乳製品作りなどの酪農体験が楽しめる。自家製品の牛乳、ヨーグルト、バター、生クリームなどたっぷり使った料理もおすすめ。
西伯郡伯耆町小林2-11
0859-52-3698

大山 ― 標高1,729mの中国地方最高峰

神仏のおわす町を歩く

 自然豊かな大山。その魅力は何と言っても夏山登山だが、大山寺と大神山神社奥宮周辺のぶらり散策もおすすめだ。
 古より大山には神々が鎮座し中国地方一の霊峰といわれ、修験道を始め多くの人々の信仰を集めてきた。主神は大己貴命(大国主命の別名)。鎌倉時代から室町時代にかけて大山寺は隆盛を極め、高野山金剛峯寺(和歌山県)や比叡山延暦寺(滋賀県)と並ぶ大寺となり、「大山僧兵3000人」と言われるほどの勢力だったという。
 荘厳な雰囲気を放つ寺社周辺を歩くと、そこには杉の老木が立ち並び、石畳の古道も風情たっぷり。また大山寺阿弥陀堂をはじめ、当時の面影を残す歴史的文化財など見所も多く点在するエリアだ。

日本一長い石畳の参道
日本一長い石畳の参道

大神山神社へと続く自然石を敷き詰めた約700mの参道は、江戸時代の風情を色濃く残した日本一長い石畳の参道。自然石を敷き詰めた石畳は散策するのにピッタリ。

大神山神社奥宮
大神山神社奥宮

御祭神は大国主神で、古代の人々は大山のことを大神岳(おおかみのたけ)。と呼んでいた。奥宮は日本最大級の権現造りの神社で、神仏習合の様式を今に伝える。
西伯郡大山町大山
0859-52-2507

大山寺
大山寺

奈良時代に開山された天台宗の古刹。最盛期には約3,000人を僧兵を擁する日本でも屈指の大寺院であった。
西伯郡大山町大山9
0859-52-2158

圓流院
圓流院

大山寺と共に歴史を歩んで来た「圓流院」は、現在残る大山寺支院の一院。「ゲゲゲの鬼太郎」の作者 水木しげるが描いた妖怪天井画が有名。
西伯郡大山町大山58
0859-52-2158

大山情報館
大山情報館

大山町の観光案内所と情報提供機能を持った休憩室。大山寺周辺の散策前に立ち寄りたい。
西伯郡大山町大山40-33
0859-52-2502
(大山町観光案内所)

EVENT INFORMATION

  • 日吉神社神幸神事

    開催場所米子市日吉神社

    0859-56-2153(日吉神社)
    江戸時代から370年以上続く日吉神社の神事。200人以上の氏子が、江戸時代の装束を身につけ練り歩く。

  • スプリングフェスティバル

    開催場所とっとり花回廊

    0859-48-3030
    美しい花々が咲き誇る花回廊内で行われれるイベント。毎年多くの観光客で賑わう恒例の祭。

  • もちがせ流しびな行事

    開催場所鳥取市用瀬町

    0858-87-3222(流しびなの館)
    江戸時代から続く県の無形民俗文化財。着物姿の小さい女の子が、無病息災を願って流しびなを流す情緒溢れる民俗行事。

  • 鳥取しゃんしゃん祭り

    開催場所鳥取市市街地周辺

    0857-20-3210(鳥取しゃんしゃん祭振興会)
    鈴の音に合わせて、傘を回しながら約4000人の市民が歩きながら踊るお祭。お揃いのハッピが華麗!

  • みなと祭

    開催場所境港市各所

    0859-47-0121(境港市観光案内所)
    今年71回目を迎える歴史ある花火大会。対岸の島根半島に反響する花火の音は迫力満点。

  • 大山夏山開き祭

    開催場所大山山頂及び大山寺周辺

    0859-52-2502(大山町観光案内所)
    大山登山の安全を祈願して、山頂で行われる厳かな神事。土曜夜行われるたいまつ行列は、荘厳で神聖な炎に包まれる。

大山寺周辺拡大図

大山寺周辺拡大図

鳥取砂丘拡大図

鳥取砂丘拡大図

賀露町拡大図

賀露町拡大図

近くのホテル

大山ロイヤルホテル

大山ロイヤルホテルのWEBサイトはこちら
大山ロイヤルホテル周辺広域地図
  • ご予約の確認・変更・取り消し
  • 空室カレンダーから検索する