北九州工場夜景特集

北九州工場夜景特集

ものづくりの街として古くから日本の近代化をリードしてきた「北九州市」。全国には多くの工場夜景が存在しますが、これだけ大規模な製鉄所の夜景を楽しめる街はありません。一般的に製鉄所の夜景は光量が少ないとされてますが、北九州の夜景には他とは圧倒的に違うスケール感があります。大規模な工場群が、暗闇の中で重厚な光を解き放ち、美しい景観をつくり出しています。水面に照らし出される作業灯は幻想的で、多種多様なプラント郡とガントリークレーンがユニークな工場景観を演出し、皿倉山や高塔山公園などの高台からは工場の灯りと市街地の灯りを合わせて望むことができます。このように多彩な夜景観賞ができるのも北九州工場夜景の魅力でしょう。

新日鐵住金㈱ 八幡製鐵所 [小倉地区]

基本情報
住所 福岡県北九州市小倉北区許斐町1
オススメ宿泊プラン

北九州アイアンツリーとは

市制50周年記念として、市民協賛によりフルカラーでライトアップし『北九州アイアンツリー』と名づけられた煙突は、新たな北九州工場夜景のシンボル。
【アイアンツリー点灯:毎週金・土・日の日没~22時】

夜景鑑賞ポイント

 棒鋼・線材製品などの圧延鋼材を製造する銑鋼一貫の製鉄所。全国の新日鐵住金の中でも、小倉地区ほど市街地に近接している製鉄所は珍しく、都心に立地したクリーンな都市型製鉄所を目指しています。
 JR小倉駅新幹線口を出るとすぐに目に入る、双子のように並んだ2つの高炉と高さ205mの巨大煙突が折り重なる工場景観は、様々な場所から望むことができ、北九州市民にとっての原風景です。

三菱化学㈱ 黒崎事業所 [八幡西区]

夜景鑑賞ポイント夜景鑑賞ポイント
基本情報
住所 福岡県北九州市八幡西区黒崎城石1-1
オススメ宿泊プラン

CDやDVD、自動車部品などに使われるポリカーボネート樹脂や、下水処理に用いられる高分子凝集剤、半導体製造工場で大量に使われるイオン交換樹脂など、豊かな社会基盤づくり・健康で豊かな暮らし・情報電子社会を支える製品づくりから、未来の新素材の開発に至るまで、最先端の化学技術を駆使した製品づくりを行っています。
 三本の赤白煙突は、黒崎エリアの象徴であり、燃焼搭や無数のパイプやタンクが、まるで「未来都市」のように幻想的に煌き、海から山からバイパスから・・角度を変えて広範囲で楽しむことができます。

三菱マテリアル㈱ 九州工場 [八幡西区]

超高層ビルなどの建設に必要な高強度セメントや、強固な土壌を作るセメント系固化材など、高性能なセメントを製造しています。特に、都市ごみ焼却灰を資源化し、多種多様なセメントを製造し、埋立処分場の延命と循環型社会構築にも貢献するなど、環境リサイクル事業にも力をいれています。林立するタンクや、幾重にも絡まる太い配管は、「闇夜に浮かぶ要塞」のように圧倒的な迫力を感じさせます。

基本情報
住所 福岡県北九州市八幡西区洞南町1-1
オススメ宿泊プラン
夜景鑑賞ポイント

東海カーボン㈱ 九州若松工場 [若松区]

1981年、東海電極製造株式会社として創業し、常に炭素業界のパイオニアとしてさまざまな産業分野に欠かせないカーボン素材の開発を行ってきた炭素製品の総合メーカー。1941年、九州若松工場は日本で初めて、タイヤの補強材などに使用される「カーボンブラック」の国産化に成功、現在に至ります。対岸から工場内の一本の煙突を中央に全体を見ると、世界遺産である「パリのモンサンミッシェル」を彷彿させます。

基本情報
住所 福岡県北九州市若松区藤ノ木3-2-26
オススメ宿泊プラン
夜景鑑賞ポイント

新日鐵住金㈱ 八幡製鐵所 [戸畑地区]

1901年に日本初の銑鋼一貫生産を行う官営製鉄所として操業して以来、一貫して日本鉄鋼業界のリーダーとしての役割を果たしてきました。条鋼・鋼管から、自動車・家電・建築材料などの各種薄板に至るまで高機能・高付加価値商品の製造を行っています。
海上からは、製鐵所のシンボルである高炉をはじめ、多種多様な工場景観を広範囲にわたり望むことができ、高塔山からは北九州市のシンボルである若戸大橋や住宅の灯り、その他の工場夜景も加わったパノラマの夜景に魅了されます。

基本情報
住所 福岡県北九州市戸畑区飛幡町1-1
オススメ宿泊プラン
夜景鑑賞ポイント

船から楽しめる工場夜景

ガントリークレーン 新日鐵住金㈱八幡製鐵所[八幡地区]

関門海峡や洞海湾沿岸では、貨物の荷役を行う上で欠かせない機械の一つであるガントリークレーンを多く目にすることができます。
荷役を行っていない時には、ブームをほぼ垂直に上げ、船舶の航行の邪魔にならないようにしており、その姿は「キリン」や「バッタ」のようにも映り、愛らしい印象さえ感じられます。

東京製鐵㈱ 九州工場

洞海湾を代表する三菱化学の対面にある工場。鉄スクラップを、電気炉を使って溶かし、鉄を製造する地球環境に優しい製鉄所。幾重にも重なる配管や大規模な工場が、下からぼんやりとオレンジ色の灯りが照らし出され、たっぷりとした重厚感が味わえます。

船の紹介・各種夜景ツアーのお問い合わせ先

「トワイライトクルーズ&夜景バスツアー」

㈱JTB九州 北九州支店
TEL:092-751-2102

「北九州夜景観賞定期クルーズ」

関門汽船株式会社
TEL:093-331-0222

北九州工場夜景マップ

1901年の官営八幡製鐵所の操業以来、かつての四大工業地帯の一つである「北九州工業地帯」として、日本の近代化学産業を牽引してきました。
この工場群の景色は“ものづくりの街”として発展してきた北九州市の原風景であり、工場の灯りは、北九州市民にとっての誇りです。
臨海部に立ち並ぶ製鉄所は、臨海部からだけでなく、新日本三大夜景の皿倉山や日本夜景遺産の高塔山などから、市街地の灯りも抱き込んだ夜景としてパノラマで望むこともできます。「煌びやかさ」と「たくましさ」が融合する、多彩な北九州の工場夜景をぜひ堪能していただきたいです。

写真はイメージです。
  • ご予約の確認・変更・取り消し
  • 空室カレンダーから検索する