MENU閉じる

閉じる

ご予約可能期間

基本的に、本日から最長で186日先までがご予約可能です。

ご宿泊プランによってご予約可能期間が異なります。

空室状況が満室の場合はご予約可能期間でもご予約いただけません。

契約法人でのご予約につきましては、契約更新等のタイミングによってご予約可能期間は異なります。

本日()のご予約可能期間

()~
()

ご宿泊希望日から、ご予約受付開始日を調べる

ご宿泊希望日

予約受付開始日()

閉じる

× 閉じる

 

× 閉じる

 

× 閉じる

 
  • レストラン・バー

  • お食事

淡路島夏の風物詩

【6月~8月おすすめ料理】 鱧(はも)

淡路島夏の風物詩「鱧(はも)」

産卵の時期を迎え、栄養を蓄え脂ののった鱧は、6月~8月頃がトップシーズンを迎えます。

王朝文化が築かれた京都を含め、現在では関西の夏の定番高級料理とされる鱧。その昔、生命力が強く夏の炎天下の中でも京都まで生きたまま運ぶことのできる魚として貴重がられ、食べ続けられてきたことから鱧を食す文化が根付いたそうです。

京都の有名な「祇園祭」は別名「鱧祭り」とも呼ばれ、京都の八坂神社に淡路島の鱧を奉納する「はも道中」が毎年行われております。鱧は”御食国(みけつくに) 淡路島”としての姿がかいま見える食材です。

 

【鱧の湯引き】

鱧は長くて硬い小骨が多いため、食べやすくするために「骨切り」という皮を切らないように細かい切りこみを入れて小骨を切断する処理を施します。
骨切りを施した鱧を熱湯にさっと通すと、反り返って開き、まるで白い花が咲くかのような姿に。ふんわりとした柔らかな身と程よい皮の歯ごたえが印象的な一品です。
湯引きした鱧に梅肉を合わせれば、淡白ながらしっかりとした鱧の味わいが梅肉の爽やかな酸味に一層引き立てられます。

 

【鱧すき鍋】

鱧のトップシーズンと同時期に収穫の始まる淡路島産玉ねぎをたっぷり入れ、出汁と一緒にお召し上がりいただく淡路島の郷土料理「鱧すき鍋」。上品で淡白な味わいを特徴とする鱧の身だけでなく、その旨味が溶け出したお出汁と、淡路島産玉ねぎの芳醇な甘みとの味わいの相乗効果もお楽しみください。

 

【鱧釜飯】

鱧の旨味を存分に吸いこんだお米を、釜で炊いた〆の鱧釜飯。
お米は兵庫県産淡路米を使用しております。淡路島の味覚を最後までご堪能ください。


参考メニュー

鱧会席 ¥9,504

前菜  五種盛り
造里  鱧湯引き 梅肉
鍋   鱧すき鍋
煮物  鱧真丈と野菜の炊き合わせ
揚物  鱧大葉巻き天ぷら 山椒塩
酢物  炙り鱧と野菜のゼリー寄せ 土佐酢ジュレ掛け
食事  鱧釜飯
留椀  赤出汁
漬物  盛り合わせ
デザート 季節のデザート

料理内容等は都合により変更になる場合がございます。器、演出等はイメージです。

料金には消費税・サービス料が含まれております。

要予約 3日前まで

お問合せお電話番号

0799-52-3811

※9:00~18:00まで


鱧会席がセットになったご宿泊プラン

【6月~8月限定】淡路島夏の風物詩”鱧(ハモ)”を味わう「鱧すき鍋会席」【グレードアップ・和食会席】

  • 夕・朝食付き

  • こだわりディナー

  • ご夫婦・カップル

  • グループ

  • ご家族・三世代

淡路島の夏を彩る食材の「鱧(ハモ)」。 産卵の時期を迎え、栄養を蓄え脂ののった鱧は、6月~8月頃がトップシーズンを迎えます。 鱧は長くて硬い小骨が多いため、食べやすくするために「骨切り」という皮を切らないように細かい切りこみを入れて小骨を切断する処理を施します。 骨切りを施した鱧を熱湯に通すと、反り返って開き、まるで白い花が咲くかのような姿に。 上品で淡白な味わいのハモ料理ですが、淡路島玉ねぎをたっぷり入れ、ダシと一緒にお召し上がりいただく淡路島の郷土料理【鱧すき鍋】は是非味わっていただきたい一品です。 この季節におすすめの夏の名物を是非お愉しみくださいませ。 ◆ご夕食◆ 鱧すき鍋会席 ◆ご朝食◆ 和洋バイキング 7:00~9:30クローズ