MENU閉じる

閉じる

ご予約可能期間

基本的に、本日から最長で186日先までがご予約可能です。

ご宿泊プランによってご予約可能期間が異なります。

空室状況が満室の場合はご予約可能期間でもご予約いただけません。

契約法人でのご予約につきましては、契約更新等のタイミングによってご予約可能期間は異なります。

本日()のご予約可能期間

()~
()

ご宿泊希望日から、ご予約受付開始日を調べる

ご宿泊希望日

予約受付開始日()

閉じる

× 閉じる

 

× 閉じる

 

× 閉じる

 
  • 観光

受け継がれる日本の美

二階堂美術館 日出町

大分県日出町は、別府湾に面し碩学帆足萬里を生んだ旧城下町です。
この文教の地に二階堂酒造有限会社が社会に貢献できればと、代々受け継ぎ、収集してきた美術品を公開するために、1994年10月に二階堂美術館を設立。横山大観や竹内栖鳳、川合玉堂、上村松園など、近代から現代の日本画における代表的な作家とその作品を展観できる、
全国的にも数少ない日本画専門美術館です。




◎現在の展覧会
コレクション展示4

『山のつく画家~東山魁夷・加山又造・平山郁夫ほか~』

東山魁夷「溪泉」


【会 期】

2020年2月4日(火)~2020年4月12日(日)

【会 場】

公益財団法人二階堂美術館

【主 催】

公益財団法人二階堂美術館

【後 援】

大分合同新聞社

 日本画壇には、名前に「山」のつく有名な画家が多くいます。なかでも東山魁夷と杉山寧、髙山辰雄の三人は、戦後の日本画壇で精力的に作品を発表しています。昭和30年代に入る頃から、この三人が美術ジャーナリストや観衆の話題を集め、当時三人が所属していた日展では、彼らの作品が展示されていた「第七室」が日展鑑賞の名所となり、三人のことをいつしか「日展三山」という言葉で呼び讃えるようになりました。山のつく同世代の画家である山本丘人や西山英雄も共に注目を浴び、戦後の日本画壇を牽引する活躍をしています。名前に「山」のつく画家たちの活躍は、広く日本画の魅力を知らしめたと言えましょう。
 昭和40年代に入る頃からは、加山又造と平山郁夫の活躍が注目されるようになり、「日展三山」の三人に加山と平山を加えて「日本画五山(にほんがござん)」「昭和の五山」と呼ぶようになりました。続いて、戦後の日本画壇に彗星のように現れて活躍したのが横山操と幅広いモチーフに取り組んだ大山忠作です。
 本展では、所蔵作品の中から「山」のつく画家の作品を選び、「三山」や「五山」と呼ばれ、昭和から平成の日本画壇で活躍した大家たちの個性豊かな作品を中心に紹介します。

【主な展示作品】

東山魁夷「溪泉」、「濤声」、杉山寧「秋郊」、加山又造「雁」(新収蔵品)、「奥入瀬」(新収蔵品)、平山郁夫「鹿野苑の釈迦」、横山操「清風富岳」など

【展示解説のご案内】

◆展示解説
 2020年2月22日(土)、2020年3月7日(土)
 各日とも13:30~
講師:担当学芸員



開館時間

9:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の時は開館、翌火曜日が休館)
展示替え期間、年末年始(12月29日~1月3日まで)

観覧料

一般 800円
大学生・高校生 500円
中学生・小学生 300円

なお、小・中・高校生は学校教育活動にもとづく観覧、および土曜日の観覧は無料とします。

大学生は「学生証」を、障がい者割引利用の場合は「障がい者手帳」の提示をお願いいたします。

駐車場

25台(無料)

ホテルから

お車で約10分

お問い合わせ

公益財団法人 二階堂美術館
〒879-1505
大分県速見郡日出町大字川崎837番地の6
TEL 0977-73-1100

写真はイメージです。