ホテル一覧

LANGUAGE

MENU閉じる

閉じる

ご予約可能期間

基本的に、本日から最長で186日先までがご予約可能です。

ご宿泊プランによってご予約可能期間が異なります。

空室状況が満室の場合はご予約可能期間でもご予約いただけません。

契約法人でのご予約につきましては、契約更新等のタイミングによってご予約可能期間は異なります。

本日()のご予約可能期間

()~
()

ご宿泊希望日から、ご予約受付開始日を調べる

ご宿泊希望日

予約受付開始日()

閉じる

× 閉じる

 

× 閉じる

 

× 閉じる

 
  • 観光

ホテル周辺には楽しめるレジャー施設が沢山!

Hotel & Resorts BEPPUWANの周辺にはご家族でお楽しみいただけるレジャー施設が近隣各所に点在しております。 唯一のオフィシャルホテルとなるキャラクターパーク「ハーモニーランド」をはじめ、動物たちとたっぷり触れ合える水族館やサファリパーク、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に3世代で楽しめる地獄めぐりや湯布院散策など様々なタイプの施設が揃います。ぜひ旅のご参考にされてください。

キャラクターとの出会いを楽しむ

サンリオキャラクターパーク ハーモニーランド

 

サンリオキャラクターパーク ハーモニーランドでは、キティちゃんに会える「キティキャッスル」やサンリオキャラクターとダンサーによるパレードなど毎日上演。ご家族みんなで楽しめるアトラクションもいっぱい。Hotel & Resorts BEPPUWANは、車で約12分に位置し移動時間も少なくとても便利なハーモニーランド唯一のオフィシャルホテルです。ホテルには、オリジナルのキャラクタールーム、ハローキティをイメージしたヘッドボードが印象的な客室があり、ハローキティの世界に囲まれて素敵な時間を過ごすことができます。

動物とたっぷり触れ合う

動物となかよくなる水族館 うみたまご

 

高崎山の自然動物園を背に別府湾を望む国道10号線別大国道沿い海側にある大分マリーンパレス水族館「うみたまご」。テーマは「海の生き物を見る・海の生き物と触れ合える」動物となかよくなる水族館です。生き物とのふれあいを大切に、動物たちのパフォーマンスやショーが充実しており、巨大水槽の展示はもちろん、各種イベントが満載で一日中楽しむことができます。

野生の動物と出会える場所。九州自然動物公園アフリカンサファリ

 

およそ70種、1300頭の動物が飼育される約6㎞のサファリロードを自家用車やジャングルバスに乗車して野生動物を観察する「動物ゾーン」とカンガルーやヤギ、ウサギやモルモットなどとのふれあいを楽しめる「ふれあいゾーン」の2種類のエリアからなす九州で唯一のサファリ形式の動物園。「動物ゾーン」の動物展示のコンセプトは生息環境を再現し、動物が本来持つ生態を生かした展示を行うこと。動物たちが生まれた故郷に近い環境を再現することで、太陽の光を浴びて伸びのびと仲間と遊んだり、食事をしたり、走り回ったりする姿を入園者の皆さんにご覧いただくことが出来ます。

3世代で楽しめる散策スポット

大分県

日本一の湯処 別府温泉三昧

 

「おんせん県」とも呼ばれる大分県にあって、街中で一年中、湯煙が立ちのぼる別府温泉郷。源泉数・総湧出量は共に堂々の日本一。
さらに特筆すべきはその泉質と楽しみ方のバリエーション。レトロな街並みも旅情を誘う温泉三昧のトリップに出掛けよう。

湯布院フローラルヴィレッジ

 

映画『ハリー・ポッター』の撮影地としても有名で、世界一美しい村といわれるイギリス・コッツウォルズ地方の村を再現した「湯布院フローラルヴィレッジ」は、まるでおとぎ話の世界のようなテーマパーク。
敷地内にはキレイな花がさきみだれ、動物たちとふれあえるお店など、小じんまりした街並みがとっても可愛いと評判に。
JR湯布院駅よりタクシーで5分程の場所で小規模テーマパークということもあり、湯布院旅行の散策や、グルメ、ショッピングで立ち寄るのにもちょうどいいスポットです。

五感で楽しめるミュージアム

日常的に人々が集まる 出会いと五感のミュージアム 大分県立美術館

 

大分県の特産である竹工芸をイメージさせる外壁の木組みのデザインが、ひときわ印象的な「大分県立美術館(OPAM)」。“五感で楽しむことができる美術館”〝出会いによる新たな発見と刺激のある美術館” “自分の家のリビングと思える美術館” “県民とともに成長する美術館”をコンセプトに、21世紀の新たなスタイルをめざす美術館として、昨年4月にオープンした。

のんびり優雅に楽しむ観光鉄道の旅

極上の鉄道旅でいざ九州へ

今こそ乗りたい九州観光列車7選

 

JR博多駅のホームの雑踏の中、重厚感のあるエメラルドグリーンの車両が入線すると、周りの空気が一変。乗客はもちろん、その場に居合わせた人たちはカメラやスマホを手にざわつき始める。被写体は特急「ゆふいんの森」。ひと際輝くメタリックなボディは、座席からの眺望を良くするために床を通常よりも高くしたハイデッカー構造。より広く、遠くまで、眺めを楽しむことができる。


写真はイメージです。

悪天候などの事情により表記の内容と異なる場合がございます。

ご利用の際は、事前に各施設にお問い合わせ・ご確認ください。