ホテル一覧

LANGUAGE

MENU閉じる

閉じる

ご予約可能期間

基本的に、本日から最長で186日先までがご予約可能です。

ご宿泊プランによってご予約可能期間が異なります。

空室状況が満室の場合はご予約可能期間でもご予約いただけません。

契約法人でのご予約につきましては、契約更新等のタイミングによってご予約可能期間は異なります。

本日()のご予約可能期間

()~
()

ご宿泊希望日から、ご予約受付開始日を調べる

ご宿泊希望日

予約受付開始日()

閉じる

× 閉じる

 

× 閉じる

 

× 閉じる

 
  • 観光

世界遺産として名高い、「熊野三山」を巡る拠点に

HOTEL & RESORTS WAKAYAMA KUSHIMOTO から巡る
世界文化遺産の熊野三社

HOTEL & RESORTS WAKAYAMA KUSHIMOTOから約50分車で移動すると、外国人観光ガイドでも評価の高い世界遺産、「熊野三社」があります。
熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社を合わせて熊野三山と呼び、その歴史は約2000年に遡ります。

Kumano-Hongu-Taisha

熊野本宮大社

全国に3,000ある「熊野大社」の総本宮で、三社の中でも最も厳格な雰囲気の漂う神社です。
この熊野本宮大社は、平成7年には社殿が国の重要文化財に指定されました。本殿へと続く158段の石段の両脇には幟がなびき、生い茂る杉木立が悠久の歴史を感じさせます。

階段を登り神門をくぐると、檜皮葺の立派な社殿が姿をあらわします。
また、ここには是非写真に収めて頂きたいスポットで、全国にここだけにしかない、〝八咫烏〟※が上に乗った「黒い郵便ポスト」や、お土産には可愛いくて珍しい、〝八咫烏〟※の陶器のおみくじが販売されています。

〝八咫烏〟(ヤタガラス)三本足の神様の使いとされています。

総本宮はかつては、熊野川の中洲「大斎原(おおゆのはら)」と呼ばれる場所にありましたが、明治22年の洪水で多くが流出し、それを免れた上四社3棟を明治24年(1891)に現在地に移築・遷座されました。
現在その場所は、〝神が舞い降りた場所〟のパワースポットとしても人気があり、日本一高い大鳥居は必見です。熊野本宮大社から徒歩約10分の所にあり、桜の名所としても知られています。


Kumano-Hayatama-Taisha

熊野速玉大社

境内にそびえる樹齢千年のナギの大樹は熊野権現の象徴として信奉篤く、古来から道中安全を祈り、この葉を懐中に納めてお参りすることが習わしとされています。夫須美、速玉神の二社殿を中央に社殿が連なるり、色鮮やかな丹塗りは、三山の中で神宝類が最も多く使われています。

熊野速玉大社では毎月、様々な特殊神事が斎行されます。それに合わして観光するのも楽しみの一つです。

 

熊野大神が熊野三山として祀られる以前に一番最初に降臨された聖地「神倉神社」です。天ノ磐盾という峻崖の上にあり、熊野古道中の古道といわれる五百数十段の仰ぎ見るような自然石の石段を登りつめた所に御神体のゴトビキ岩があります。

熊野速玉大社は、まだ社殿がない原始信仰、自然信仰時代の神倉山から、初めて真新しい社殿を麓に建てて神々を祀ったことから、この神倉神社に対して「新宮社」と呼ばれています。


Kumano-Nachi-Taisha

熊野那智大社

熊野本宮大社から少し離れた場所にある、熊野那智大社は、世界遺産でもある〝那智の瀧〟で有名な場所です。

大雲取連山から流れている流水が大滝となっており、全山に那智48滝と申すように数多の滝があり、一番高いのが那智御瀧です。すぐ側に、「熊野那智大社別宮飛瀧神社」があり、御瀧そのものを大己貴命が現れた御神体として祀られており、熊野の神様は元々ここでお祀りされていました。
ここの御瀧の水は、延命長寿の水と伝えられている滝つぼの水を飲むことが出来ます。

 
大クス 胎内くぐり

樟霊社(しょうれいしゃ)樹齢約850年の樟を御神木として祀っています。幹が空洞化しており、護摩木(\300)を持って通り抜けることが出来ます。平重盛の御手植えと伝わっています。

 
八咫烏(やたがらす)

熊野の神様のお使いである、三本足の烏です。より良い方向へ導く、お導きの神様とされ、熊野那智大社の境内にある御縣彦社(みあがたひこしゃ)でお祀りされています。

 
烏石(からすいし)

即位以前の初代天皇、神日本磐余彦命を奈良の橿原の地まで道案内をした八咫烏が、案内を終えてこの那智山で[烏石]に姿を変え休んでいると伝わる石です。


写真はイメージです。

施設情報等は変更になる場合がございます。ご利用の際は事前にご確認の上お出かけください。