MENU閉じる

閉じる

ご予約可能期間

基本的に、本日から最長で186日先までがご予約可能です。

ご宿泊プランによってご予約可能期間が異なります。

空室状況が満室の場合はご予約可能期間でもご予約いただけません。

契約法人でのご予約につきましては、契約更新等のタイミングによってご予約可能期間は異なります。

本日()のご予約可能期間

()~
()

ご宿泊希望日から、ご予約受付開始日を調べる

ご宿泊希望日

予約受付開始日()

閉じる

× 閉じる

 

× 閉じる

 

× 閉じる

 
Internet Explorer11をご利用のお客さまへ

Internet Explorer11は推奨環境の対象外になります。
サイトの閲覧・動作に支障が生じる為、後継のブラウザであるMicrosoft Edgeをご利用いただくか、他の推奨環境でのご利用をお願いいたします。

推奨環境
これぞ冬の味覚!和歌山県みなべのクエを満喫
  • お食事

これぞ和歌山の味覚!

みなべのクエを満喫

上品で味わい深い白身の高級食材「クエ」は、和歌山を代表するグルメの一つとして有名な魚。南部は和歌山県沿岸で獲れる新鮮なクエを楽しめる地として、人気のエリアでもあります。今回は冬の南部で楽しめるクエの特徴や、美味しい料理をご紹介いたします。

あまり一般に知られていないけど、クエってどんな魚?

記事画像01

天然物は市場にめったに出ない、幻の高級魚!

記事画像02

白身魚のハタの仲間で、大人になると体長約1mを超える巨大な魚、クエ。天然物のクエは漁獲量が少なく、市場に出ることがほとんどないことから、「幻の魚」と呼ばれているほど。味もよく稀少性が高いことから、高級料亭やホテルでも提供されています。

天然クエが高額な理由

記事画像03

成長のスピードがとても遅く、体長約1mを超えるまでおよそ20年ほどかかると言われている天然クエは、平均的な成魚サイズの60cm以上となると、かなりのお値段がつくことも。漁獲量によってはとんでもない高値になることがあります。

昼は岩場に隠れて動かないので漁は夜間に行われますが、クエはなかなか餌に食いつかない慎重な性質。「10日間釣りに出て1匹釣れるかどうか」と言われているほどの、捕獲が難しい魚です。

みなべのクエがおいしい理由

ロケーションと漁法。現地でしか食べられない希少価値も

記事画像04

みなべ町のある和歌山県中部の日高地域は、高知県や長崎県と並び、貴重な天然もののクエが獲れる産地。クエは太平洋沿岸から東シナ海沿岸の温かい海に生息していますが、日高の海は海流などの関係からとても良質なクエが獲れることで有名です。

また、日高の漁師はアオリイカを餌に大針一本でクエを釣り上げるのですが、大きなものは40kg近くにもなる天然のクエは、経験豊富な漁師でもなかなか一筋縄ではいかないことも…。しかし一本釣りで獲れたクエは身に痛みもなく、新鮮な状態で調理されるので味もバツグンです。

ちなみに、2018年のニッポン全国鍋グランプリで、日高の天然クエ鍋が金賞を受賞していることから、その美味しさは折り紙付きです。

ただ、日高で獲れた天然のクエは市場に出回ることがありません。獲れたクエはすぐに地元に卸されるため、この美味を味わうためにはこの地まで足を運ぶ必要があるのです。

クエの味は年中楽しめるけれども
なんといっても冬が旬!

記事画像05
記事画像06

一番クエが美味しい季節、それは冬。10月以降に、本格的な旬が到来します。冬のクエは身に脂もたっぷりとのって美味しく、特に年明けに最も脂がのって甘くなると言われています。

身はクセがない上品な味の白身なので、刺身や鍋・唐揚げ・ソテーなど、どんな調理法でもオールマイティーに楽しめるのが特徴。寒い季節にはさっぱりとしたポン酢でいただく、クエの水炊きが特に人気です。



おすすめプランはこちら



※当ページの掲載写真はイメージです。