MENU閉じる

閉じる

ご予約可能期間

基本的に、本日から最長で186日先までがご予約可能です。

ご宿泊プランによってご予約可能期間が異なります。

空室状況が満室の場合はご予約可能期間でもご予約いただけません。

契約法人でのご予約につきましては、契約更新等のタイミングによってご予約可能期間は異なります。

本日()のご予約可能期間

()~
()

ご宿泊希望日から、ご予約受付開始日を調べる

ご宿泊希望日

予約受付開始日()

閉じる

× 閉じる

 

× 閉じる

 

× 閉じる

 
Internet Explorer11をご利用のお客さまへ

Internet Explorer11は推奨環境の対象外になります。
サイトの閲覧・動作に支障が生じる為、後継のブラウザであるMicrosoft Edgeをご利用いただくか、他の推奨環境でのご利用をお願いいたします。

推奨環境
和歌山の希少な「熊野牛」を味わおう!
  • お食事

松阪牛にも負けない魅力を持つ

和歌山の希少な「熊野牛」を味わおう!

松阪牛、神戸牛、山形牛…日本では世界に誇る質の高い牛肉がありますが、和歌山県にも「熊野牛(くまのぎゅう)」というブランド和牛がある事はご存知でしょうか?
ここでは、他の和牛に並ぶほどの魅力を持ちながら、和歌山県外にはなかなか出回らないという希少な熊野牛について、さらには熊野牛が食べられるスポットについても紹介していきたいと思います。

自然溢れる和歌山で飼育されたブランド牛肉「熊野牛」

自然溢れる和歌山で飼育されたブランド牛肉「熊野牛」

熊野牛は和歌山県で生産されるブランド牛肉です。

熊野牛のルーツは、平安時代まで遡ります。
当時、信仰の場だった熊野三山を京都の貴族や皇族が訪れる「熊野詣」の際、その従者たちに連れて来られた荷牛が、農耕用の牛として紀州和歌山の地に根付いたのが熊野牛のルーツといわれています。
この元々農耕用として飼われていた牛を品種改良し、荘厳な山々やそこから流れる清水、日本の原風景を見るかのような棚田や草原、そんな自然溢れる和歌山の地で育てられ、地域ブランド化したものが「熊野牛」なのです。

ただし、和歌山で飼育されたからといって、どんな牛でも熊野牛を名乗れるかというと、そうではありません。

・「黒毛和種」であること
・和歌山県内の生産者によって14カ月以上育てられていること
・出荷するまでに26カ月以上経っていること
・オスか出産を経験してないメスであること、
・牛肉の格付けがA3、B3以上、もしくはそれに相当すると認められたもの

こういった厳しい条件をクリアした牛肉だけが「熊野牛」として認定され、流通していきます。

黒毛和牛特有の美しい霜降り 松阪牛にも負けない肉質をもつ

黒毛和牛特有の美しい霜降り 松阪牛にも負けない肉質をもつ

画像提供:白浜kappou kawanishi

熊野牛と認められる条件のひとつである「黒毛和種」は、その脂肪交雑、いわゆる霜降りの具合が美しく、世界最高級ともいわれています。

その中でも、「熊野牛」は、神戸牛や松阪牛の素牛(飼育前の子牛)として有名な但馬牛系統の血統を、元々熊野の地で飼育されていた牛に取り込んで品種改良をしており、その肉質は松阪牛や米沢牛にも負けないと評判です。

また肉を焼いた際の香りも香ばしく、熊野牛の魅力のひとつといえるでしょう。

1年で200頭程度しか出荷されない希少な牛肉

1年で200頭程度しか出荷されない希少な牛肉

提供:和歌山県

熊野牛は和歌山県内20以上の生産者が繁殖・飼育していますが、1年で200頭以下しか出荷されていません。

また、熊野牛指定販売店は20店舗ほどありますが、そのほとんどが県内の精肉店などです。
このように和歌山県外への流通が極めて少ないことからもその希少さがおわかりいただけるかと思います。

『Hotel & Resorts WAKAYAMA-MINABE』で熊野牛を味わう

『Hotel & Resorts WAKAYAMA-MINABE』で熊野牛を味わう

『Hotel & Resorts WAKAYAMA-MINABE』では、「1泊夕朝食付きプラン」において、その熊野牛の料理を取り入れた贅沢な会席料理を味わうことができる「美味三昧会席」をご提供しています。

紀州の山々とそこから湧き出る清水という自然溢れる和歌山の大西牧場で大切に育てられた「熊野牛」の各部位三種をステーキで食べ比べをすることができ、余すところなく味わう事ができます。

そればかりか、和歌山県産「天然本くえ千里小鍋」や「天然本くえの唐揚げ」など、南紀ならではの海の幸も思う存分に堪能することができる贅沢なコースとなっております。

「美味三昧会席」は、当ホテル1階『和食料理レストラン 黒潮』で、5月31日まで提供しています。ぜひお越しいただき、紀州の幸を心ゆくまでお楽しみください。

また、同じ『和食料理レストラン 黒潮』のランチタイムでは「熊野牛牛すじカレー」を提供しています。ランチの営業は、11:30~14:00(ラストオーダー13:30)ですので、こちらもぜひ一1度お召し上がりください。

松阪牛などに並ぶ魅力をもちながらも、県外にはほとんど出回らない、貴重な熊野牛を、『Hotel & Resorts WAKAYAMA-MINABE』でぜひ味わってくださいね。


※当ページの掲載写真はイメージです。