MENU閉じる

閉じる

ご予約可能期間

基本的に、本日から最長で186日先までがご予約可能です。

ご宿泊プランによってご予約可能期間が異なります。

空室状況が満室の場合はご予約可能期間でもご予約いただけません。

契約法人でのご予約につきましては、契約更新等のタイミングによってご予約可能期間は異なります。

本日()のご予約可能期間

()~
()

ご宿泊希望日から、ご予約受付開始日を調べる

ご宿泊希望日

予約受付開始日()

閉じる

× 閉じる

 

× 閉じる

 

× 閉じる

 
みかんの生産量ナンバー1!和歌山みかんのおいしさの秘密は〇〇にあり!
  • その他

みかんの生産量ナンバー1!

和歌山みかんのおいしさの秘密は〇〇にあり!

寒い冬に欠かせない果物といえば、甘酸っぱくてジューシーなおいしいみかんですよね。
皮をむくだけで食べられるので、つい3つも4つも食べてしまい気付いたら手が黄色くなっていた…
なんて経験もあるのではないでしょうか?

そんなみかんに関する情報を、みかんの産地和歌山県にあるHotel & Resorts WAKAYAMA MINABEよりお届けします!この記事を読んだら今年はもっとみかんがおいしく食べられるかもしれません。

みかん生産量ナンバー1は和歌山県!

みかんの産地と言えば、どこを思い浮かべますか?

愛媛、熊本、静岡などが有名ですが、実は日本一の生産量を誇るのは美しいビーチ「白良浜」やパンダに会える「アドベンチャーワールド」などで有名な和歌山県なんです!(※農林水産省作況調査 平成26年産~平成30年産データより)

白浜海岸
アドベンチャーワールドパンダ

和歌山県のみかんで有名なのは、有田市で採れるブランドみかんの「有田みかん」です。
この「有田みかん」は、400年以上の伝統をもつ品種で、地域の人たちの努力によって品質が守られています。
その絶妙な甘さと酸味のバランスは、毎日でも口にしたい美味しさです。

ミカン畑
みかんバスケット

有田みかんのほかにも「ゆら早生」「田口早生」など、和歌山オリジナル品種も生産されています。

和歌山みかんのおいしさの秘密

甘くてジューシーな和歌山のみかんは、いくつもの条件が重なることでおいしさを実現しています。
ここでは、和歌山のみかんにどんな秘密があるのかご紹介致します!

気象条件

みかん山

和歌山の温暖な気候はみかんづくりに最適です。
みかんの甘さは夏に決まると言われており、夏に雨が少ないのもおいしいみかんを作る秘密のひとつです。

近年の地球温暖化によってみかんの成長にも影響が出てきていますが、和歌山県では日々研究を重ね高品質なみかんを栽培し続けています。

土壌条件

土壌条件

山が多く水はけがいい土地もおいしいみかんを作る秘密です。
和歌山県はもとからみかん栽培に恵まれた土地ですが、さらにそこに石垣を積むことで保温性や排水性を上げるなどの工夫をしています。

400年以上受け継がれてきたノウハウ

400年以上受け継がれてきたノウハウ

和歌山県のみかん栽培の歴史は400年以上も昔に遡ります。
その間に培われたノウハウを持った、代々続く農家さんがたくさんいることもおいしさの秘密です。
農家のみなさんの努力と研究によって、和歌山のおいしいみかんは守られています。

みかんの旬っていつ?

和歌山では10月初旬頃からみかんの出荷が始まり、それ以前に流通しているものはハウス栽培されたものです。

段ボールみかん

10月の早い時期が食べごろなのは、「ゆら早生」という品種です。
10月~11月頃は有田みかんも皮が薄くて果実の甘みが増すシーズンに入り、12月末にはほとんどの有田みかんが収穫を終えます。

意外にもみかんの旬は秋なのです。

みかんにはビタミンCが豊富で、風邪予防にも効果的と言われているため、体調を崩しやすい季節の変わり目に和歌山のおいしいみかんを堪能しましょう!

早生みかん

ちなみに早秋から出荷されるみかんは「早生みかん」と呼ばれます。

皮が緑色をしていることが多いですが、決して酸っぱいみかんではなく爽やかな酸味とジューシーな果肉が楽しめるのが特徴です。

その後徐々に鮮やかなオレンジに色づいていきます。
ぜひシーズンによるみかんの味わいの違いもお楽しみください!

★簡単★みかんのアレンジレシピ

冬は毎日食べたくなってしまうみかんですが、そのまま食べるだけではなく様々な食材との相性も抜群ですので、アレンジを加えて頂くのもおすすめです。

ここではおいしくて簡単にできるみかんのレシピをご紹介します!

さっぱりの中に広がるみかんの甘みが美味しい!彩りも綺麗なお手軽マリネ

スモークサーモンとみかんのマリネ

スモークサーモンとみかんのマリネ

【材料(2人分)】

スモークサーモン

40~50グラム

玉ねぎ

1/4個

少々

レモン

1/3個

みかん

1個

パセリ

適量

オリーブオイル

少々(※お皿ひと回し位の量です。)

ブラックペッパー

少々

【作り方】

1

玉ねぎは薄くスライスし水にさらします。

2

レモンもスライスし1/4にカットします。
※レモンの皮が苦手な方は皮をむいて1/2に切ってくださいね。

3

みかんは皮をむいて輪切り半分にカットしつぶを取り出します。

4

パセリを細かく刻みます。

5

お皿に玉ねぎ、スモークサーモン、みかん、レモンの順で盛り付けます。

6

オリーブオイルをまわしかけて、塩とブラックペッパーを振って完成です!

みかんとはちみつの優しい甘さが鶏肉をつつむ!超簡単ながらも絶品レシピ

鶏もも肉のみかんソース焼き

鶏もも肉のみかんソース焼き

【材料(2人分)】

鶏もも肉

1枚(200~250グラム)※2枚くらいまでokです。

付け合わせの野菜

適量(グリーンリーフやキャベツの千切り、レタスなどお好みで)

《炒めタレ》

みかん果汁

100cc ※Mサイズ約2個分

★しょうゆ

大さじ1杯

★はちみつ

小さじ1杯

★みりん

大さじ1杯

【作り方】

1

鶏もも肉を一口大に切ります。

2

みかんを用意し果汁を100cc絞ります。

3

みかん果汁と★の調味料を混ぜ合わせて炒めタレを用意します。

4

フライパンに油を熱し、鶏肉を皮側から入れて焼き目がつくまで両面焼きます。

5

まわりの油をキッチンペーパーで軽く拭き取り、炒めタレを加えます。

6

蓋をして蒸し焼きにします。

7

鶏肉に火が通ったら蓋をとり、炒めタレを煮詰めながら絡め炒めたら完成です!

食感はプリン?ムース?見た目もかわいくてさっぱり美味しいお手軽デザート

みかんと牛乳の寒天ゼリー

みかんと牛乳の寒天ゼリー

【材料(2カップ分)】

みかん

1個

みかん果汁

150cc ※Mサイズ約3個分

牛乳

150cc

100cc

はちみつ

大さじ2~3杯 ※お好みで調整してください。

粉寒天

2グラム

ミント

適量(お好みでどうぞ)

【作り方】

1

みかんは皮をむいて輪切り半分にカットします。

2

牛乳とみかん果汁とはちみつを混ぜ合わせておきます。

3

鍋に水と粉寒天を入れ沸騰させ粉寒天を溶かしこみます。

4

粉寒天が溶けたら、火を止めて2の材料を加えよく混ぜます。

5

カップに4を注ぎ、半分に切ったミカンを浮かべます。
※沈めてしまわないようにそっと乗せるように入れてくださいね。

6

寒天が固まったら完成です。

7

食べる時にミントを飾っていただくとより彩が豊かになります。
※作るときははちみつを2杯にしておいて、食べるときに追加でかけても美味しいですよ。


気候、土地、人の3つの条件が揃った高品質のみかん栽培が行われている和歌山県。
現地で鮮度抜群なおいしいみかんを食べたくなったら、是非和歌山まで足をお運びください!

Hotel & Resorts WAKAYAMA MINABEでは、沢山のみかんのお土産やおいしいみかん酒をご用意させていただいております。