MENU閉じる

閉じる

ご予約可能期間

基本的に、本日から最長で186日先までがご予約可能です。

ご宿泊プランによってご予約可能期間が異なります。

空室状況が満室の場合はご予約可能期間でもご予約いただけません。

契約法人でのご予約につきましては、契約更新等のタイミングによってご予約可能期間は異なります。

本日()のご予約可能期間

()~
()

ご宿泊希望日から、ご予約受付開始日を調べる

ご宿泊希望日

予約受付開始日()

閉じる

× 閉じる

 

× 閉じる

 

× 閉じる

 
Internet Explorer11をご利用のお客さまへ

Internet Explorer11は推奨環境の対象外になります。
サイトの閲覧・動作に支障が生じる為、後継のブラウザであるMicrosoft Edgeをご利用いただくか、他の推奨環境でのご利用をお願いいたします。

推奨環境
  • お食事

  • 観光

味噌の国 信州

信州みそを学ぼう

ロイヤルホテル長野の朝食では
3つの味噌から好みの味噌を選んでお味噌汁を作れます

麦みそ、赤みそ、白みその3種類をご用意。お好みに合わせてお味噌汁をカスタマイズできます。
もちろん、3種類すべてお試しいただくことも可能です。

  • 朝食付き

  • ご家族・三世代

【朝食付】全館Wi-Fi・無料駐車場・大浴場完備!1日の始まりは朝食から♪
  • 朝食付き

  • お土産付き

【観光ガイド付】歴女必見!専属ガイドと巡る真田十万石松代♪信州牛ハンバーグのお土産付プラン≪朝食付≫
  • ディナーバイキング

  • ご家族・三世代

【4~6月★クチコミ高評価バイキング】県産食材や郷土料理、信州の食を満喫!《ご夕食は17:30~》

信州みそ

鎌倉時代、心地覚心が自身が創建した安養寺(長野県佐久市)でみそ作りを広めたことをはじまりに、
戦国時代には武田信玄が兵糧としてみそを作らせたことで、信州の地でみそ作りが盛んに行われるようになりました。
1923年、関東大震災において首都圏で多くのみそ蔵が被災。
被害のなかった信州からみそが救援物資として送られると首都圏市場で好評を博し、信州みそは急速に発展拡大していきました。

現在は日本全体で生産・消費されているみそのおよそ約5割を「信州みそ」が占めています。

信州みその特徴

信州味噌は米麹と大豆でつくる代表的な「米味噌」で、
淡色で辛くを特徴とします。

産地

長野県味噌工業協同組合連合会加盟の味噌メーカーにより、長野県内で製造されている味噌の事を「信州味噌」と言います。

原料

味噌は麹の種類によって、米味噌、麦味噌、豆味噌などにわかれます。「信州味噌」は米麹と大豆と塩を原料とする代表的な米味噌です。

「信州味噌」は光沢のある冴えた山吹色(淡色)が良質とされます。

味・香り

「信州味噌」は酵母と乳酸菌の働きにより、さっぱりとした旨味と豊かな芳香を併せもつ辛口味噌です。しかし、最近は甘いみそが好まれるため、乳酸菌を使用を使用するなど、各メーカーが時代のニーズに合わせて少しずつ風味や味を進化させています。

特長

様々な野菜と相性抜群で一緒に食べることが多くとってもヘルシーです。鶏や豚、牛、魚介などの出汁にも合います。また、チーズやバターなどの他の発酵食品とも相性が良いのも特長です。
お味噌汁にすると野菜、海草、大豆製品など多くの食材を使うので、ごはんだけでは補えなかったタンパク質をとれると、昔から食べられてきました。

おうちの味噌も信州みそで

信州みそは、当ホテルのショッピングプラザで取り扱っております、お土産にどうぞ♪
ネットショッピングサイト【りぞけっと】で簡単注文も承っております。

1

画像はイメージです。